上手に白髪染めするコツ

banner

オリゴ糖

holycheeverchurch01

現代は健康を気遣う方が増えているのですが、料理などにも白砂糖を使うのを避けている方もいらっしゃいますよね。白砂糖は何の栄養もなくただ甘いだけのものなので、よくないといわれています。黒砂糖は、精製度が低くカルシウムやビタミンなども含まれているので、白砂糖を使わず、黒砂糖を使った方がいいということがわかりますね。

最近はオリゴ糖を使うご家庭も増えているのではないかと思うのですが、食物繊維やビフィズス菌を増やしてくれるという硬貨がありますので、お料理にもお菓子作りにも最適です。コーヒーにも通常のガムシロップを使わず、オリゴ糖にすれば身体を痛めることはありませんので、今後砂糖を使うときはオリゴ糖を選んでみるといいでしょう。

砂糖を大量に使う料理をするときなど、格安な白砂糖を購入する方も多いのですが、白砂糖はミネラルやビタミンを消費するのが早く、体内のカルシウムを溶かしてしまうといわれていますので、恐ろしいんです。白髪染めをしながら甘いお菓子やジュースなどを飲んだりしている方も、たくさんの白砂糖が入っていることを忘れてはいけません。

オリゴ糖を使った料理・飲料をオススメしますので、糖尿病にならないよう気をつけてくださいね。
白髪染め トリートメント

白髪を抜いてはいけない

白髪を抜いているとさらに悩みが増えるかもしれない

最近は白髪染めにも髪の毛へ対するダメージを少なくしたものが増えており、ダメージゼロというものまで出てきています。
こういった無添加のヘアカラートリートメントは人気も高まっているようで、販売も伸びているようです。

白髪を染めるために髪や頭皮にダメージを与えたくは無いでしょうから、こういったダメージの少ないものを望んでいた人は多かったのです。

白髪が目立っていては気になりますし、それがストレスになる人もいるのです。
そういった状況のままではストレスが原因となって、さらに白髪が増える可能性が出てくるのです。

ですから気になるほど白髪が目立つのであれば、そのままにしておかない方がいいでしょう。
最初は少しの白髪でも、それを見つけた時点で気になっている場合もあるのです。

その場ですぐに抜いてしまう人もいますが、白髪は色素が無いだけで生えている毛なので、抜かない方がいいのです。

抜けば当然ですが薄毛になっていく事も考えられるので、白髪以外にもハゲで悩む事まで出てきてしまうのです。

こういった悩みを解決するためには、やはり抜くよりも染めてしまった方がいいのでは無いでしょうか。

刺激が強くては抜け毛の心配もあるでしょうが、ダメージの少ない白髪染めもいろいろとあるのです。

Author

  • 名前:やすお
  • 性別:男
  • 年齢:29歳

はじめまして、やすです。 29歳、血液型はA型です。 沖縄出身で、暑いのに慣れているので東京の冬は寒くてつらいです。 一人暮らしですがアメリカンショートヘアという猫を飼っています。 宜しくお願いします。
ドラッグストアの白髪染めコーナーで見かける、男性向けの、「あえて真っ黒に染めない白髪染め」。あれはなかなかダンディなアイデアだと感じる。おじいさんが不自然に真っ黒な髪をしているよりも、まばらなグレーであるほうが、きっと感じがよいし、父などにも、そういうのが似合う男性になってほしい。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2014 www.holycheeverchurch.com All Rights Reserved.